高感度受信を実現する電波評価

ーさまざまな情報を得るためにたくさんの電波が飛び交う。
求められるのは、必要な電波を確実にとらえることー

高感度受信を実現する電波評価

モバイル機器など、飛び交う電波群から、狙った電波だけを正確に受信しなければならないカーチューナー。その受信性能を正確に評価するためには、余計な電波を排除できる試験環境が欠かせません。

アルパインには、国内有数の「電波暗室」があります。小ホールほどの空間は、フェライトタイルなど約1800個の電波吸収体をセットし、外来電波を遮断。車をターンテーブルで回転させ、車からの輻射電波や、車への電波照射の影響などを測定し、アンテナやチューナーの受信性能をチェック。測定用アンテナと測定対象物との距離は3mから10mの範囲で任意に設定できます。

世界の自動車メーカーから信頼されるアルパインの高感度チューナーは、こうした最新設備によるシビアなテストで磨き抜かれています。

ページの先頭へ