明るさを変えた視認性評価

ーさまざまな日照環境での入射角と強度を再現した視認性のテストー

明るさを変えた視認性評価

陽の光は一定ではありません。その変化を知って製品を設計すれば、お客さまはより安全かつ快適にドライブできるはずです。

アルパインは総合評価センター内に、光の入射角や強度を自在に変えられる「ライティング室」を設置。日の出から日没まで車室内に差し込む光の変化を再現するソーラーシミュレーション装置で、各地、各時間、そしてさまざまな天候状態にある日照環境下でのテストが行えます。

ウィンドウから強い日差しが差し込み、モニター画面や機器の表示がよく見えない。そんな日照状況を事前にシミュレーションして、視認性や安全性について徹底的に分析。目視による従来の感覚的なテスト方法ではなく、科学的な分析に基づく定量的な検証を実施しています。

ページの先頭へ