アルパインの研究開発体制

路面によって変わる振動、気温の変化など。車載機器は過酷な環境にさらされています。それは地域によっても大きく変わります。
また、カーオーディオにおいていい音を再現するためには車室内の広さやシートの位置、ダッシュボードなどの材質などに影響される特有の音響特性を熟知していなければなりません。
アルパインは高度な研究開発の体制を整備し、設計段階でのコンピューター上のシミュレーションや「総合評価センター」での実機試験などを取り入れています。

グローバルでの評価体制を確立

グローバルでの評価体制を確立

世界4極のお客様の近くで、現場での開発から出荷前後の検査まで幅広く対応しています

ページの先頭へ