ドライブアシスト機能の評価

ーアルパインだからできる安全性・快適性を追求していますー

ドライブアシスト機能の評価

2007年10月に完成したドライブアシスト評価センターは、総面積53,000m2(平⽅メートル)の本格的な評価施設です。バンク角33度・一周900mの外周走行路は、右側通行・左側通行のどちらにも対応しており、各国の交通ルールの再現や高速走行中の性能評価も可能です。また、細街路やトンネル、実験棟など、様々な条件での評価環境も備えています。数多くのシチュエーションを再現し、実際の使用環境に徹底してこだわる評価体制が、ドライバーの安全・快適な運転をサポートする製品開発に寄与しています。
安全な車への需要が高まっている今日、安全運転を支援するユーザビリティに優れた製品を開発し、世界中のドライバーへの提供を目指しています。

レーダー波反射特性評価用トンネル

レーダー波反射特性評価用トンネル

レーダー、通信の確度評価を行う坂道

レーダー、通信の確度評価を行う坂道

死角を再現する交差点や細街路

死角を再現する交差点や細街路

ページの先頭へ