ニュースリリース

平成28年7月26日

アルパイン株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

次世代車載システムの開発に着手

自動運転時代を見据え、地図情報、交通情報、街情報、天気情報といった
多様でダイナミック(動的)な情報を活用しながら、
快適なカーライフを提供する次世代車載システムの開発に着手

アルパイン株式会社と日本IBMは、自動運転時代を見据えた次世代車載システムの開発に着手しました。本システムはアルパインの車載機器とIBMの自動車業界向けIoTソリューション「Watson IoT for Automotive」を基盤技術として利用し、多様でダイナミック(動的)な情報を活用しながら、ドライバーや同乗者に合わせて快適なドライブを提供する次世代のIBM Cloudを活用したシステムです。例えば、ドライバーの運転志向・傾向にあった経路を学習してルートを案内します。さらに、ソーシャル情報や嗜好を分析して経由地/目的地を提案するといった活用も検討しています。多様化するニーズに対応することにより、日常の生活スタイルと車室内をシームレスに繋いで人々のカーライフを自然な形で支援します。また本システムは、今後コネクテッドカーが数千万台同時接続することを想定した設計をしています。

アルパインは、2020年に向けた企業ビジョン「VISION2020」において、「あなたのカーライフを豊かにするモービルメディア・イベーションカンパニー」を目指し事業に取り組んでいます。あらゆるモノがインターネットに繋がるIoT化がより一層加速する中、人とクルマにおける新たな価値を創造し進化するクルマ社会の発展に貢献していきたいと考えています。

本システムの構築に利用するIBMの自動車業界向けIoTソリューション「Watson IoT for Automotive」は、各種センサー、地図情報、ドライバーとのやり取りなどから生成される豊富なデータを活用し、分析します。このIoTソリューションに必要となる、車載機と各種サービスをつなぐインターフェース(API)を開発し、IBMのクラウド上(Bluemix)で提供することにより、さまざまな業界のサービスとオープンに連携することが可能となります。また、すでにIBMがグローバルなパートナーシップを締結しているTwitter分析やダイナミックマップを利用したリアルタイムサービスも実現できます。さらに、ITインフラはIBMのクラウド「SoftLayer」を採用し、利用者がグローバルに拡大しても、柔軟に対応できるようにします。

以上


IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Bluemixは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

<報道関係者お問合せ先>
アルパイン株式会社 広報・IR部 高橋
Tel:03-3494-1101、E-mail:pr@apn.alpine.co.jp / 広報代表 Tel: 03-3494-1179

日本アイ・ビー・エム株式会社 広報 下岡
Tel:050-3150-5503、E-mail:masakos@jp.ibm.com / 広報代表 Tel: 03-3808-5120

ページの先頭へ