ニュースリリース

平成16年9月29日

各 位

会社名 アルパイン株式会社

中国・太倉アルパイン開業式挙行

アルパイン株式会社(以下当社)は、中国に於ける第3番目の生産拠点「太倉アルパイン電子有限公司」の開業式を、9月3日(金曜日)中国江蘇省太倉市において挙行いたしました。

当社では、中国におきましては、1994年、遼寧省丹東市に「丹東アルパイン電子有限公司」を設立し、全世界市販市場向けの完成品を中心とした生産を実施。また同年、遼寧省大連市に「大連アルパイン電子有限公司」を設立。部品加工からメカニズム、完成品までの一貫体制により、市販向け、自動車メーカー向け完成品の生産を実施しております。

「太倉アルパイン電子有限公司」は、今後市場規模の拡大が予想される、中国自動車メーカー向けを中心とした生産拠点として拡大してまいります。当拠点では、部品加工から、メカニズム、完成品までの一貫生産体制による、「品質」と「価格競争力」の強化を図ります。特に上海地域には、多数の部品メーカーが進出しており、部品の現地調達と直納化を推進します。現在の従業員数は約400名ですが、2006年には、1500名規模に拡大し、年間の生産規模はメカニズム250万台、完成品130万台を目指します。

当日の開業式には、江蘇省や太倉市の政府幹部の方、中国・海外自動車メーカーのトップの方、販売店、部品メーカー等約230名が出席され、来賓を代表して、中国共産党太倉市委員会の程恵明書記より、太倉市進出に対するお礼と、当生産拠点やアルパイン対する期待の言葉がありました。

また当社を代表して、社長の石黒征三より、
・世界でNo.1の「桁違い品質」を実現し、自動車メーカー、ユーザーの顧客満足度向上に貢献する。
・部材の現地調達、直納化100%を達成し、世界でNo.1のコストを実現する。
という、当生産拠点でのミッションを発表いたしました。

■この件に関する問い合わせ先:アルパイン株式会社 広報室 03-3494-1101(代表)

以上

ページの先頭へ