イベント情報

2017年1月5日-8日

International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)(アメリカ)

CES Innovation Awards”を受賞した、防水仕様のジープラングラー車種専用モデルX209-WRA

車種専用モデルX209-WRAとICEを搭載した「ジープ ラングラー」デモカー

32個のスピーカーで構成されるシステムを搭載した「ダッジ デュランゴ」デモカー

2017年1月5日から1月8日の4日間、世界最大規模のコンシューマーエレクトロニクスの展示会International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2017」が、アメリカのラスベガスにて開催されました。50回目となる今年は、昨年同様の3,800社の企業が出展、会期中にはアメリカ国外から55,000人以上、177,000人ものお客様が訪れ、会場は連日大盛況でした。

今回のアルパインは、ブースを2つのエリアに分けて出展しました。
1つ目のアフターマーケットエリアでは、アメリカで展開している"Alpine Restyle"の車種専用製品群のゾーンと、AVN/AVユニット、アンプ・スピーカー等のユニバーサルの製品、2つのゾーンで、そしてサウンドエリアではダッジ デュランゴのデモカーとハイレゾサウンドシステムのデモ什器を紹介しました。

"Alpine Restyle"のゾーンで、最も注目を集めたのは、Apple Carplay、Android Auto Compatibilityそれぞれに対応したジープ ラングラー車種専用モデルです。このモデルは、防水仕様となっており、オープントップの場合は日差しが直接画面に当たることを想定して、視認性の高い新しいディスプレイが組み込まれています。そして、大変喜ばしいことに、この「X209-WRA」が“CES Innovation Awards”を受賞しました。
また、同製品とクーラーボックスでサウンドが楽しめるICEを搭載したジープラングラーのデモカーと、同じくICEと車種専用ANV 「X110-SLV」を搭載したGM シルバラードのデモカー2台を展示しました。

ユニバーサルゾーンでは、業界初となるワイヤレスCarPlay対応ヘッドユニット「iLX-107」も展示。
従来のライトニングケーブルが不要のワイヤレスとなることで、来場者やプレスの注目を浴びました。
この「iLX-107」は、“In-Vehicle Audio/Video”部門で、“CES Innovation Awards”を受賞することができました。

2つ目のサウンドエリアでは、アルパインオリジナルのサウンドコンセプトや過去の代表的なシステムをパネルで紹介、更にデモカーを設置し、アルパインサウンドを提案しました。
32個のスピーカーで構成されるシステムを搭載したダッジ デュランゴのデモカーと、ハイレゾサウンドシステムの什器は、連日多数のお客様が試聴を希望し、その音質や迫力に興奮されていました。

アフターマーケットとサウンドのどちらのエリアも、連日多くの来場者で賑わっていました。

ページの先頭へ