イベント情報

2016年3月21日-4月3日

バンコク国際モーターショー2016(タイ)

最新の車種専用システムを紹介するデモボード

来場者で賑わうアルパインブース

名誉ある5年連続受賞のベストデザインアワード

2016年3月21日から4月3日の14日間、タイのバンコクにてバンコク国際モーターショー2016が開催されました。37回目となる今年は、世界各国から合計165万人ものお客様が訪れました。また、毎年このショーではプレスデーの前日をトレードショーとして位置づけ、今年は実際に3万3千台ものクルマが販売されました。

アルパインブースでは"Alpine Style - Car by Car System Solution"をテーマに、トヨタ ヴェルファイア、トヨタ Revo、トヨタ フォーチュナー、3台のデモカーとデモボードを展示。それぞれの車種専用に開発した、大画面カーナビや360°視認できるTOPVIEW®カメラなどを紹介しました。

中でも最新のトヨタ ヴェルファイアに搭載した360°TOPVIEW®カメラの機能と画質には、多くの来場者から驚きの声を頂き、更にヴェルファイア専用にチューニングされた3WAYスピーカーのデザインと音質は、連日来場者の関心を集めていました。

またトヨタ Revoに搭載した車種専用の9インチ、同じくトヨタのフォーチュナーには8インチの大画面ナビゲーションも、会期中多くの来場者の注目を浴び、アルパインブースは大盛況でした。

そのアルパインブースは、来場者から選出される、ベストデザインアワード2016において、そのブースのプレミアム感と、デモボードのデザインが評価され、5年連続での受賞をすることができました。

ページの先頭へ