イベント情報

2013年9月19日-29日

インドネシア国際モーターショー2013(インドネシア)

7インチAVN INE-W947E搭載 トヨタ ヴェルファイア

Play Big製品展示

IVE-W530EBT搭載デモカー マツダ ビアンテ

アルパインは、2013年9月19日から29日まで、インドネシアのジャカルタで開催されたインドネシア国際モーターショーに出展しました。インドネシア最大の自動車ショーとなるこのイベントには、自動車メーカー35社を含む310社が出展。昨年を上回る規模で、期間中37万人もの来場者が訪れました。

アルパインブースでは、”Play Big” ”Play Connected” ”Play Strong”のテーマで、実際に操作をしながら新製品の魅力を体感していただきました。

“Play Big”では、8インチ大画面のAVN INE-Z928Eと、純正のように美しいインストレーションのパーフェクトフィットを含むAVN製品を展示。”Play Connected”では、スマートフォンとの連携で楽しみが広がるモデルを紹介。NokiaやSamsungスマートフォンと繋ぐことでスマートフォンのアプリを製品側で操作できるMirrorLink™に対応したICS-X8や、iPhone®やiPod®と接続することで音楽やビデオが楽しめるIVE-W530EBTなど、来場者の注目を集めていました。そして、CDヘッドユニットCDE-143EBTを中心に、アンプ、スピーカーなどと組み合わせてシステムでの展示をした”Play Strong”では、アルパインならではのサウンド訴求をしました。

また、各テーマごとにデモカーも展示しました。”Play Big”コンセプトデモカーは、最新7インチAVN INE-W947Eを搭載したトヨタ ヴェルファイア。”Play Connected”では、製品展示でも来場者の関心が高かったIVE-W530EBTをメインにしたマツダ ビアンテでスマートフォンとのリンクをアピール。”Play Strong”では、スマートフォンから音響設定できるアルパインのオリジナルアプリTuneIt™に対応したヘッドユニットCDE-148EBTを中心としたサウンドデモカー、フォード フィエスタを展示するなど、それぞれのシステムの魅力を多くの方にご覧いただきました。

ページの先頭へ