イベント情報

2011年3月23日-4月5日

バンコク国際モーターショー2011(タイ)

賑わいを見せるアルパインブース

TOYOTA YARISデモカー

実際のリアガーニッシュで取り付け例を紹介

2011年3月23日から4月5日までの14日間、タイのバンコクにて「Discovering a new innovation」をコンセプトに、バンコク国際モーターショー2011が開催されました。約200万人もの来場者で大盛況となったモーターショーに、アルパインも出展しました。

アルパインブースでは、最新のモデルを数多く展示。2DINヘッドユニット什器ではINA-W900ETやIVA-W520Eなど人気製品のほかに、美しいインストールを可能とするパーフェクトフィットの取り付け例を実際のダッシュボードを用いて展示しました。
また、カメラ展示では、全方位360°の安全を確認できるHCE-C500と参考出品の視覚と音で危険を知らせるHCE-C300Rの2モデルを展示し、アルパインが誇る車載カメラの高い技術をアピールしました。こちらも実際のリアガーニッシュを用いて、取り付け性の高さを確認できる展示としました。
その他にも、車室内の最高音質を実現するサウンドプロセッサーPXA-H800やスマートフォン対応機能を搭載した1DINヘッドユニットなど多くの製品を展示し、デモカーもTOYOTA PRIUSとTOYOTA YARISの2台を展示し、来場者の関心を集めました。

ページの先頭へ