イベント情報

2011年1月14日-16日

東京オートサロン2011(日本)

ビッグX&リアビジョンコーナー

アルパインプレミアムサウンドステージ

優秀賞を受賞したTOYOTA・ヴェルファイアデモカー

2011年1月14日から16日までの3日間、カスタムカーイベント「東京オートサロン2011 with NAPAC」が開催され、アルパインも出展致しました。会場の幕張メッセには、前年を上回る24万人以上の来場者が訪れ、大きな賑わいを見せました。

アルパインブースでは、日刊自動車新聞“用品大賞”に加えて、カーオーディオ専門誌オートサウンド“オートサウンドグランプリ”を受賞した従来比1.43倍の超大画面カーナビ「ビッグX」を中心に、今年度発売予定のサウンドプロセッサー「PXA-H800」も参考出品しました。ステージ上のHONDA・CR-Zデモカーでは、その「PXA-H800」を取り入れたシステムで、アルパインプレミアムサウンドを来場者に体験して頂きました。

また、ステージ以外でも「ビッグX」を搭載したTOYOTA・PRIUSデモカー、TOYOTA・ヴェルファイアデモカー、HONDA・ステップワゴンデモカーの3台を展示しました。その中でも北九州のディーラーNEWSさんと共同制作したヴェルファイアは、同時開催の「東京国際カスタムカーコンテスト2011」ミニバン・ワゴン部門で優秀賞を受賞し、来場者の関心を集めていました。

ページの先頭へ