アルパインのCSR

アルパインのCSRは、「企業理念を具現化するための経営活動そのもの」です。

社会的な価値と企業の価値を両立するために

CSR委員長 梶原 仁

CSR委員長 梶原 仁

アルパインは、CSR活動を『企業理念を具現化するための経営活動そのもの』と位置づけています。アルパインが永続していくための不変の価値である「企業理念」、それを実現するために目指すべき姿「企業ビジョン」を全従業員で共有し、従業員一人ひとりがCSRの担い手として日々の業務にあたっています。また、グローバルな視野から自社のCSR活動を検証するために、国際標準規格ISO26000を手引きとして独自のCSRガイドラインを策定し、活動を進めています。2015年度は、より戦略的なCSR活動の推進に向けて、社会にとっての価値とアルパインとしての企業価値を両立するCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)への取組みを強化しました。事業活動において、社会課題の解決、環境への配慮、地域との連携などをテーマに、CSV視点での取組みをスタートしています。
また、社会やステークホルダーの皆様からの期待に応じた活動を進めるために重要課題(マテリアリティ)の特定を行いました。それらの課題をCSR中期計画に反映するとともに、KPI(Key Performance Indicators: 重要業績評価指標)を設定し、レビューなどによるPDCAサイクルを実践していきます。
アルパインは、従業員が一体となってバリューチェーンのすべてにおいてCSRを推進していくことが、社会的責任を果たすと同時に中長期的に成長していくための基盤になると確信しています。引き続き、「企業理念」を具現化するCSR活動の継続的なレベルアップに取組んでいきます。

アルパインCSR活動の位置づけ

アルパインCSR活動の位置づけ

アルパインとステークホルダー

アルパインとステークホルダー

アルパインCSRガイドライン

アルパインCSRガイドライン
ページの先頭へ