CSR推進体制/重要課題

マテリアリティ(重要課題)を明確にし、CSR中期計画へと反映し、PDCAサイクルを循環させています。

CSR委員会

アルパインは2017年度より、より事業視点でCSRに取組める推進体制へとCSR委員会を再編しています。取組みテーマ別に設定された14の担当で構成され、それぞれが「社会への価値提供」と「持続的な企業成長」を重視しながら活動を推進しています。CSR委員会は4半期毎に課題について進捗確認を行い、その結果を取締役会で報告しています。

重要課題(マテリアリティ)の特定

アルパインは、2015年度からマテリアリティ(重要課題)を明確にしCSR活動に反映しています。マテリアリティの特定にあたっては、「ステークホルダーからの期待度」と「アルパインにとっての重要度」の観点から評価を行い、社内のCSR委員会の意見を反映するとともに、社外有識者からも意見をいだたきました。
2015年度に実施した特定以降、ステークホルダーからの期待は時々刻々と変化しており、また国連によるSDGs(持続可能な開発目標)をはじめサスティナビリティに関連する世界的な動きが活発化しています。そうした中で2017年度に、マテリアリティの見直しを実施するとともに、具体的な取組み項目や目標の明確化に向けた検討を進めています。

マテリアリティ・マトリクス

マテリアリティ・マトリクス

ページの先頭へ