多様な人材の活躍

アルパインでは世界中にいる従業員一人ひとりを大切な会社の財産と考え、
それぞれが個性を発揮し生き生きと活躍できる仕組みや環境づくりに努めています。

個性を活かす組織づくり

アルパインでは国籍・人種・年齢・性別・宗教にとらわれない多様な人材の採用を行っており、採用後も個人の能力を最大限に発揮できる環境を整備しています。様々なバックグラウンドや個性を持った従業員を企業の強みとして捉えています。また、従業員が持つ各々の個性を伸ばし活かすため、年に2回、「人材開発会議」を行い、従業員の今後の進路や教育方針、最適な人事ローテーションなどについて議論しています。

従業員グローバル分布

従業員グローバル分布

平均勤続年数(2016年4月)

男性 18.1年

女性 21.1年

※アルパイン単独

女性の活躍推進

アルパインでは、女性の採用と職域の拡大を積極的に推進しています。2016年4月1日の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」の施行を受け、行動計画を策定しました。
今後この計画に基づき、更なる活躍を推進していきます。

女性の活躍推進

採用にしめる女性比率

2015年度実績

女性 9名

男性 24名

※アルパイン単独

※2015年度 新卒採用・経験者採用の合計

女性従業員比率

2016年4月現在

女性
14.4%

※アルパイン単独

女性のキャリアデザイン

2016年より、入社時、入社5年目、入社10年目の女性従業員を対象にキャリアデザイン研修を実施します。入社後早い段階からキャリア形成を意識することによって、女性が活躍する組織づくりを進めていきます。

ワークライフバランスの考え方

アルパインでは、従業員が個々の事由に応じた多様な働き方ができる環境づくりを目指し、様々な社内制度の導入を検討しています。

< 主な取組み項目 >

  • 健康増進
  • 育児支援
  • 休暇取得
  • 勤務形態

これからの働き方を考える「働き方検討委員会」

従業員と会社が共に成長していくために必要な要素について「働き方」の視点から検討することを目的に「働き方検討委員会」を立ち上げ、ワークライフバランスのさらなる促進に向けた社内制度づくりを進めています。2016年度から介護や育児のための「短時間勤務制度」の拡大、海外との会議を行う従業員を対象とした「在宅勤務」のトライアル導入、家族とのつながりを大切にするための「子供参観Day」や「家族の日」の設定など新しい取組みを開始します。

「育パパ」期間の設定

育児に積極的に参加する男性を応援するため、子供が生まれてから1年間を「育パパ」期間として設定します。育児中の男性は、名札に「育パパ」シールを貼り、早めの帰宅や休暇の取得に対する理解を職場の方々から得ることができます。

育パパシール

育パパシール

家族の日の設定

毎月第4金曜日を「家族の日」として設定します。早めの帰宅や休暇の取得で、家族とゆっくりコミュニケーションをとることができます。

DATA有給休暇、多目的休暇

有給休暇取得率推移

2015年

70.5%

※アルパイン単独

有給休暇取得率推移

多目的休暇取得率推移

2015年

27.8%

※アルパイン単独

多目的休暇取得率推移

DATA産前産後休暇、育児休暇、短時間勤務利用者数

育児休職・短時間勤務制度利用者の取得者数推移(アルパイン単独)

育児休職・短時間勤務制度利用者の取得者数推移(アルパイン単独)

障がい者雇用

アルパインは、様々なバックグラウンドを持った人材の採用も積極的に行っております。
2015年度は、養護施設の生徒に短期業務体験をして頂きました。

障がい者雇用率推移(アルパイン単独)

障がい者雇用率推移(アルパイン単独)

定年再雇用

アルパインは、性別、国籍などのほか、年齢においても多様な人材の活躍に取り組んでおり、定年後の再雇用を積極的に推進しています。

定年再雇用の実績推移

2015年

15名

※国内アルパイングループ

定年再雇用の実績推移

「仕事」と「介護」の両立セミナーを開催

2015年に「仕事」と「介護」の両立セミナーを開催し、65名の従業員が参加しました。
当日は、介護保険サービスや社内制度の上手な利用法、介護のコツなどについて、介護業界の専門家に講演してもらいました。受講後は、「実際に直面すると自分でゼロから調べる必要があり、大変苦労するので、学ぶことができ良い機会だった」「近い将来あり得る介護について早めに知識を持つことができたので大変有益であった」といった声が寄せられました。

「仕事」と「介護」の両立セミナー

「仕事」と「介護」の両立セミナー

父親の子育て参加支援セミナーを開催

2015年に、安藤 哲也氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表)を講師に招いて、イクメンのための子育てセミナーを開催しました。
43名の従業員が参加し、「義務から権利へ」「イイトコドリ育児をやめよう」など父親の子育てについての極意を学びました。

子育て参加支援セミナー

子育て参加支援セミナー

異文化コミュニケーション

海外とのコミュニケーションをとる機会が増えるなかで、「なかなかこちらの意図が通じない」「タブー、マナー違反の領域が分からず、トラブルにならないか心配」といった問題や悩みを抱える従業員に向けて、2015年に異文化コミュニケーションのスキル向上セミナーを開催しました。43名が参加し、「いろいろな国籍・価値観の人間が会議を行う際の留意点」「業務上の指示をする際の留意点」など仕事に役立つ実用的な知識を学びました。

セミナーの様子

セミナーの様子

当地の宗教や文化に配慮した事業運営

ALPINE ELECTRONICS OF MIDDLE EAST, FZCO
セールス&マーケティングマネージャー

 Syed Khaja Raziuddin(サイード カージャ ラジウッドディン)

ドバイオフィスでは、イスラムの伝統を尊重した労働環境づくりに努めています。稼動曜日は、イスラム暦にあわせて、金曜・土曜日を休みとしています。さらにイスラム教徒が日の出から日の入りまで断食をするラマダンの約一ヶ月間は、就業時間を短縮。また、この期間中は、イスラム教徒の従業員の前で食事をしたり、水を飲んだりしないことを規則に定めています。

ページの先頭へ