サプライチェーンを通じて

アルパインは、サプライチェーン全体で地球環境への配慮と
社会的責任を推進しています。

基本姿勢

資材調達方針

アルパインは「アルパイン資材調達方針」をもとに、世界中で調達活動を展開しています。自社の事業活動にとどまらず、サプライチェーン全体でCSRを推進するという観点から、サプライヤー様とともに一般社団法人電子情報技術産業協会(以下JEITAという)の「サプライチェーンCSR推進ガイドブック」に準拠し、企業の社会的責任の推進に努めています。2015年は、サプライヤー様との契約書にCSRへの対応に関する内容を追加し、取組みを強化しました。

アルパイン資材調達方針

アルパイン資材調達方針

グリーン調達

地球環境保全には、部品や材料の調達先であるサプライヤー様も含めた幅広い取組みが求められます。アルパインでは、サプライヤー様にグリーン調達基準書を遵守いただき、環境に配慮した調達を推進しています。
2015年度は、アルパイングリーン調達基準書の第12版を発行し、法規制への対応などを強化しました。

紛争鉱物への対応

コンゴ民主共和国とその周辺国(ルワンダなど9カ国)の武装勢力が、すずや金といった希少金属用鉱物の採掘のために、強制労働や児童労働といった人権侵害を行い、またこれらの鉱物の取引を資金源として大量の兵器を購入し紛争を助長させていることが問題となっています。
2010年に米国にて成立した金融規制改革法では、これらの鉱物を紛争鉱物(※1)と定義し、米国の証券取引所に上場している企業に対して、「紛争に資金的に加担する」紛争鉱物の使用を排除させることを目的に製品への紛争鉱物の使用に関する情報開示を義務付けています。
アルパインは、人権を尊重する立場からその目的を十分に理解・賛同し、グループ各社やサプライヤー様、JEITAと連携し、責任ある調達活動に取組んでいます。2015年には、各サプライヤー様の紛争鉱物への対応について調査を行い、調査対象全てのサプライヤー様から回答をいただきました。

(※1)コロンバイト-タンタル石、すず、金、鉄マンガン重石またはそれらの派生物(タンタル、タングステン)

サプライヤー様と一体となった情報セキュリティ管理

アルパインでは、情報管理を重要な課題とする考え方をサプライヤー様と共有し、「情報セキュリティ教育支援」や「情報管理状況の調査」などを通じて、サプライチェーン全体における情報管理レベルの向上に取組んでいます。
サプライヤー様における情報セキュリティを強化するため、毎年、情報セキュリティアンケート調査を実施。改善が必要なサプライヤー様とはフォローアップミーティングを行い、情報セキュリティリスクの低減に努めています。
2015年度の情報セキュリティアンケート調査結果はグラフの通りとなりました。

ミーティング実施後の最終評価結果

ミーティング実施後の最終評価結果

資材調達のリスク管理

アルパインは、生産ラインの安定稼働のため、サプライヤーの皆様と協力しながら、365日体制で災害や事故に備えています。サプライヤー様から購買部門への緊急連絡体制、災害用メールアドレスの設定などに加えて、発生した事態へ速やかに対策をとるシステムも整えています。

調達物流の効率化による環境負荷低減

アルパインでは、部品の調達先企業、グループ内の物流企業と連携して、サプライチェーンに関わる環境負荷の低減、コストの削減を図っています。
たとえば、拠点間の輸送部品について、梱包方法の改善による「コンテナ積載効率の向上」を推進しています。その他、現地に到着した後の生産拠点への納入ルートの見直しなど輸送時間の短縮にも取組んでいます。

詳細情報

ページ先頭へ

コミュニケーション

サプライヤー様との対話

相互信頼による共存・共栄を目的に、サプライヤー様とのパートナーシップ強化に努めています。国内において年2回、中国、北⽶、欧州地区においてそれぞれ年1回、業況報告会を開催し、生産・販売状況ならびに購買方針の説明を行っています。また、品質・納期管理・原価改善活動等に貢献いただいたサプライヤー様を表彰することで、信頼関係のさらなる強化に努めています。

2015年度の業況報告会開催状況

拠点 日本 中国 アメリカ ハンガリー
上期 下期
出席サプライヤー数 95社 98社 73社 65社 72社
出席人数 219名 200名 140名 112名 127名

業況報告会(欧州) 業況報告会(日本)

業況報告会(欧州)業況報告会(日本)

現地が主体となってCSR活動に取組む

Senior Manager
Purchasing Dept.
ALPINE Hungary

 Dénes BOROS

アルパイン・ハンガリーは、ヨーロッパの高級自動車メーカー向け 高性能自動車インフォテイメント・システムを生産しています。 製品の部品や原材料は、生産拠点が直接購入を行っています。それを担当する私たち購買部門のメンバーは、サプライヤー様と一体となって、CSRを意識した調達活動を推進しています。

ページの先頭へ