環境活動の枠組み

グループ全体で「地球社会の一員」としての認識を持ち、環境経営の推進を従業員が一丸となって行っています。

環境経営の推進

アルプス/アルパイングループでは、環境問題を重要な経営課題の一つと捉え、環境経営を推進しています。グループ一体となった活動とすべく、「アルプスグループ環境憲章」を基に、アルパインでは、「環境方針」及び「中期計画」を策定し、環境負荷低減に貢献する製品の提供、事業活動における環境負荷低減、グローバルな管理体制構築に取組んでいます。

アルプスグループ環境憲章

基本理念

アルプスは地球社会の一員として社会の持続可能な発展のため卓越した技術に支えられた事業活動と社員行動を通じて、美しい自然を守り貴重な資源を大切にします。

行動指針

私たちはいつも環境保全に心掛け

  1. 環境を意識した製品開発に取組みます
  2. 環境にやさしい生産・販売に取組みます
  3. モノを大切にします
  4. ムダを省きます
  5. リサイクルに努めます

アルパイン環境方針

基本方針

私たちは地球社会の一員として、環境にやさしい製品と事業活動を通じて、 地球環境の保全に取組みます。

行動指針

  1. 環境にやさしい製品
    環境技術の開発を進め、ライフサイクルの全ての段階において 環境に配慮した製品を提供します。
  2. 環境にやさしい事業活動
    廃棄物の削減・リサイクル・省エネルギーの推進により、 環境負荷の低い事業活動に取組みます。
  3. 環境保全体制と運用
    国内外の法規・顧客要求事項・自主基準を順守し、環境マネジメントシステムの適正な運用と継続的な改善に取組みます。

環境マネジメント推進体制

環境経営に関する方針・施策は、環境担当役員を議長とし、国内各拠点の代表者で構成する「アルパイン環境管理委員会」で決定しています。決定された方針・施策は、国内外とも各拠点の責任者及び環境管理責任者によって推進しています。また、省エネルギーや廃棄物などの個別課題については、課題別ワーキンググループを結成し、対応しています。

環境マネジメント推進体制組織図 (2017年4月現在)

環境マネジメント推進体制組織図

環境監査

アルプス/アルパイングループでは、国内外の主要生産拠点で環境マネジメントシステム規格ISO14001の認証取得を完了しています。また自らの環境保全活動の監視機能として、年2回、内部監査を実施しています。内部監査では環境マネジメントシステムの運用状況に加え、遵法状況などを確認するとともに、マネジメントシステムの向上に向けた積極的な改善を行っています。

ISO14001取得状況

ISO14001取得状況図

環境管理体制の構築とグローバルGHG目標設定

アルパインは世界各拠点に環境スタッフを配置し、グローバルに環境活動を推進しています。特に地球温暖化防止に向けて、各拠点のエネルギー使用量や温室効果ガス排出量を管理するとともに、活動内容や情報を共有し、連携強化により目標の達成を目指しています。

環境教育

新入社員教育をはじめとして、それぞれのキャリアや職能資格に応じた環境教育を実施しています。各工場においては、従業員の業務内容に合わせた環境教育や、省エネ、省資源への意識啓発に努めています。また、海外生産拠点においても、それぞれの国や地域の法規制や慣習に沿った、実効性の高い環境教育を行っています。

環境負荷の全体像

環境負荷の全体像

※2017年4月1日、アルパインテクノ(株)及びアルパインプレシジョン(株)を、アルパインマニュファクチャリング(株)に統合しました。また、6月16日にアルパイン技研(株)を、アルパイン(株)に統合しました。

ページの先頭へ