【新卒採用情報】総合職技術系 職種・仕事紹介

アルパインには、あなたを発揮し、あなたを伸ばす、幅広い技術セクションが広がっています。また、配属については、本人の希望と適性を考慮して決められます。

次世代製品/技術開発

次世代製品/技術開発

オーディオ、ビジュアル、ナビゲーション、コミュニケーション、そしてドライブアシストの融合を進めるにあたり、現在のアルパインが持っていない未知技術の開発が必要となります。インターフェイス技術、品質評価技術、音響技術、デジタルメカニズム開発技術、システム統合技術といったコア技術を主なターゲットとして、多彩な要素技術の開発にチャレンジしています。また、アルパインは、本格的なテスト走行コースを始めとする、充実した研究開発施設を社内に擁しています。

製品開発・設計(ソフトウェア)

製品開発・設計(ソフトウェア)

多機能でありながらも直感的でシンプルな操作を要求され現在のカーエレクトロニクス製品を動かすために、また、複数のディバイスやカーコンピューター、外部機器などとの連携を制御するために、すぐれた組み込みソフトウェア開発の重要性がますます高まってきています。オーディオやビジュアルの制御ソフトはもちろん、カーナビゲーションを構成するOSから、アプリケーション、データベースまで、アルパインのソフトエンジニアには幅広いターゲットがあります。

製品・設計(回路設計)

製品・設計(回路設計)

カーナビゲーション、オーディオ・ビジュアル・システム、デジタル放送受信機、車載カメラ、ディスプレーなど、様々な製品の電子回路の設計に携わります。製品の多様化やデジタル化に伴う最新テクノロジーの導入と開発を行いながら、製品をクルマの中の限られたスペースに収めるための高密度実装回路設計、過酷な振動や熱などに耐える信頼性の高い回路設計を実現するために工夫を凝らし、様々な課題を解決しながら取り組んでいきます。

サウンドシステム製品開発

サウンドシステム製品開発

どんなに素晴らしいコンテンツも、臨場感あふれるリアルなサウンドがなくては、真の感動体験を生み出すことはできません。音響技術は、アルパインが最も優位性を持つ分野のひとつ。高級カーオーディオメーカーとして永年蓄積してきたノウハウと技術に、DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)による車室内空間への最適チューニングを始めとする最新デジタル技術を融合し、他社の追随を許さない理想の車室内サウンドシステムのさらなる高品位化を追求していきます。

製品開発・設計(メカニズム・意匠)

製品開発・設計(メカニズム・意匠)

主に機械系の勉強をしてきた人の仕事になります。DVD、CDなど、いい音・映像を実現するための基幹モジュールを設計するメカニズム担当。ノーズと呼ばれる前面の操作パネルをはじめ、回路基板やメカニズムを除いたカーナビゲーション、オーディオ・ビジュアル製品の外側すべてを担当する意匠担当。その他、過酷な環境においても信頼性の高い製品を実現するために、設計担当者を支援する振動や熱のシミュレーションの専門家たちも活躍しています。

コア技術「HEADS」

モービルメディア・システムの将来を見据えた
コア技術「HEADS」

HEADSとは、アルパインが強化に取り組むコア技術の頭文字です。コンピューター、情報通信、自動車、人間をめぐる幅広い領域をカバーしています。

ページの先頭へ