管理(広報・経理など)

高橋 紗弥子

挑戦し続けること。
成長し続けること。

高橋 紗弥子

管理
2009年入社
観光学部 観光学科

挑戦し続けること。成長し続けること。

等身大の自分を見てもらえたこと。
もともと旅行が大好きで、大学も観光学科へ。就職活動でも第一志望の大手旅行会社から内定を頂くことができ、私の人生は順風満帆・・・の筈でした。それでも、どこか引っかかるところがあり、返事を迷っていました。「私は何がしたいんだろう?」「このまま旅行会社で決めてしまって良いのだろうか?」と思いを抱いきながら、いつも頭の片隅にはアルパインが残っていました。何故なら、 個性を尊重し自分の良いところを伸ばしてくれる社風であることを、説明会で聞くだけでなく、面接を通して実感することができ、魅力的に感じていたからです。結果、自分を活かして成長したいという想いを優先しアルパインへの入社を決意したことを今も鮮明に覚えています。

会社のあるべき姿を考える。
現在の私は経営企画室でCSRを担当しています。CSRとはCorporate Social Responsibilityの略で「企業の社会的責任」と訳されます。アルパインでは、企業理念として「個性の尊重」「価値の創造」「社会への貢献」を掲げており、アルパインのCSRはこの企業理念を具現化する経営活動そのものとしています。地域社会、お客様、取引先や株主・投資家といったステークホルダーのそれぞれの視点から、「何ができるか?」を考え、「会社のあり方」を考えていくというミッション。その舞台は「グローバル」であり、影響範囲は非常に大きく、とても重要なミッションです。実際には、その企画・立案から、社内外へ推進・啓蒙していくことまでが私の仕事であり、大きなやりがい・使命感を持って業務に臨んでいます。

挑戦し続けたい。その環境がそこにはある。
入社数年目の私が、CSRを担当しているという事実。自身で手を挙げて、任せてもらった仕事ですが、このことはまさに若手のうちからチャンスが与えられることの一例です。アルパインの社員の行動指針のひとつに「挑戦」がありますが、まさにいろいろなことにチャレンジしていくことが、許され、そして求められる会社です。「グローバルなフィールドで、やりがいのある仕事がしたい、チャレンジしたい」という方には、まさにうってつけの会社、それがアルパインです。

是非、アルパインのHPでCSRコーナーも見てください。
CSR・環境

ページの先頭へ